Photo © Lee Ufan, photo:Shu Nakagawa
15th Anniversary of the National Art Center, Tokyo

李禹煥

Lee Ufan
2022.8.10[Wed.] - 11.7[Mon.]
The National Art Center, Tokyo
[Special Exhibition Gallery 1E]
Even if the self is finite,
the infinite appears
in our relation to the world around.
Artistic expression is
a revelation of an infinite dimension.
Lee Ufan

It is with great pleasure that we present a major retrospective by Lee Ufan (born in 1936), a contemporary artist who has received a great deal of attention internationally as a prominent member of the Japan-based Mono-ha group.

Eagerly absorbing a wide range of thought and literature from the East and the West, in the late ’60s and early ’70s, Lee, who focused on the uncertainty of vision, spearheaded Mono-ha (lit. “School of Things”) by combining natural and artificial materials in a temperate manner in both his visual art and writings. Moreover, Lee evolved a worldview based on the notion that all things are interrelated not only in his visual art but also in his writings.

Lee's works liberate art from the world of images, subjects, and meaning, and raise questions about the relationship between things, and things and people. This proves that the entire world exists synchronically and is mutually related. Oddly enough, the threat of the novel coronavirus has forced us to change our anthropocentric worldview. Lee's highly revelatory thought and practice provides us with insights about how we might escape this unprecedented crisis.

The exhibition assembles Lee's most important works, including everything from his earliest pre-Mono-ha pieces, which considered the problem of vision, the Relatum series, which changed the concept of sculpture, and his highly spiritual paintings, which produce a tranquil rhythm. In addition to showcasing Lee's past works, enabling us to trace the trajectory of his creation practice, the exhibition is also scheduled to include his latest ground-breaking efforts.

Exhibition Highlights

The artist Lee Ufan personally determined the composition of this exhibition, which comprehensively highlights Lee’s work, development, and distinctive character from the dawn of his career in the 1960s to his most recent works. The exhibition is divided into two main sections, one focusing on sculpture and the other on painting, with the processes of his sculptures’ and paintings’ development presented in such a way that the viewer can follow each chronologically. Also, a large-scale stone and stainless steel work will be installed in the venue’s open-air exhibition space.

Appearing at the beginning of the exhibition are Landscape I, Landscape II and Landscape III (all 1968), a set of three paintings executed with pink fluorescent paint on canvas, which were included in the exhibition Contemporary Korean Painting (1968) at The National Museum of Modern Art, Tokyo and are representative of Lee’s early style. Like the pair of reliefs Fourth Structure A and Fourth Structure B (both 1968), also employing fluorescent paint, these works produce powerful optical illusions that disrupt the viewer’s vision. With their deceptive optical effects, these works embody trends that flourished in Japan in the late 1960s.

  • Landscape I, II, III
    Landscape I, II, III
    1968/2015
    Spray paint on canvas
    218.2×291cm
    Private collection, deposited at The Museum of Modern Art, Gunma
    Photo: Nobutada Omote

Relatum, ongoing since around 1968, is a series of three-dimensional pieces primarily comprising combinations of stone, steel, and glass. These materials are largely left unaltered, and rather than concepts or meanings, Lee’s focus is on relations: between object and place, object and space, object and object, object and image. Since the 1990s, Lee has also become more conscious of the dynamics of objects and environments, and has produced works in the Relatum series in which stone and steel forms are correlated. His more recent works have tended to be increasingly site-specific, as exemplified by Relatum – Dwelling (B) (2017), installed at the La Tourette monastery in France.

  • Relatum
    Relatum
    1968/2019
    Stone, steel, glass
    Stone, approx. imately 80×60×80cm; steel, 240×200×1.6cm; glass, 240×200×1.5cm
    Mori Art Museum, Tokyo
    Photo: Kei Miyajima
  • Relatum-Dwelling (B)
    Relatum-Dwelling (B)
    2017
    Stone
    Collection of the artist
    Installation view: Lee Ufan chez le Corbusier - Au-delà des souvenirs, Couvent de La Tourette, Éveux, France, 2017 © Foundation Le Corbusier, photo: Jean-Philippe Simard
  • Relatum-The mirror road
    Relatum-The mirror road
    2021
    Stone, stainless steel
    Collection of the artist
    Installation view: Lee Ufan: Requiem, The Alyscamps, Arles, France, 2021
    © Claire Dorn, Courtesy Lee Ufan and Lisson Gallery

In 2014, Lee had a solo exhibition at the Palais de Versailles in France. Relatum – the Arch of Versailles, an enormous stainless-steel arch supported by two stones on either side, was installed outdoors at the site and drew widespread attention. After passing beneath one of Lee’s huge arches, the viewer is sure to experience their surrounding environment in a new way. In 2019, Porte vers l’infini was permanently installed in the town of Naoshima, Kagawa Prefecture. For the current exhibition, a new arched sculpture will be unveiled in the open-air exhibition space of the National Art Center, Tokyo.

  • Relatum – The Arch of Versailles
    Relatum – The Arch of Versailles
    2014
    Stone and stainless steel
    Collection of the artist
    Photo: Archives kamel mennour
    Courtesy the artist, kamel mennour, Paris, Pace, New York

After being inspired by Barnett Newman’s solo exhibition at The Museum of Modern Art, New York (MoMA) in 1971, Lee recalled the calligraphy he had learned in early childhood and became more interested in the expression of time in painting. The From Point and From Line series of paintings, launched in the early 1970s, present color in the process of gradually fading. These systematic series, which convey the passage of time through vestiges of actions, continued for approximately a decade.

  • From Point
    From Point
    1975
    Pigment and glue on canvas
    162×292cm
    The National Museum of Art, Osaka
  • From Point
    From Point
    1977
    Japanese pigment and glue on canvas
    182×227cm
    The National Museum of Modern Art, Tokyo
  • From Line
    From Line
    1977
    Japanese pigment and glue on canvas
    182×227cm
    The National Museum of Modern Art, Tokyo

In the 1980s Lee’s paintings took on a more chaotic aspect, with dynamic brushwork, as seen in the From Winds and With Winds series. From around the end of the 1980s, the number of brushstrokes progressively dwindled and empty space became increasingly prominent. In the 2000s, Lee radically curtailed his painterly actions, experimenting with reactions between just a few brushstrokes and blank, unpainted space, as in the series Correspondance and Dialogue. In contrast to the temporality of From Point and From Line, the paintings in these series are spatial in nature.

  • With Winds
    With Winds
    1990
    Oil on canvas
    291×218cm
    The National Museum of Modern Art, Tokyo
  • Response
    Response
    2021
    Acrylic on canvas
    291 × 218 cm
    Collection of the artist
    Photo: Shu Nakagawa
李禹煥
Lee Ufan at the Alyscamps, Arles, France, 2021
© StudioLeeUfan, photo: Claire Dorn
Profile
Lee Ufan
Born in Gyeongsangnam-do, Korea, in 1936, Lee attended Seoul National University before moving to Japan in 1956. He later studied philosophy at Nihon University. Lee is known as a leading figure in Mono-ha, one of the most significant art movements in postwar Japan, which emerged in the late ’60s.
His essay “From Object to Being” was awarded the Bijutsu Shuppan-sha Art Criticism Prize in 1969, and his book The Art of Encounter, which appeared in 1971, became the theoretical pillar for Mono-ha. His 2002 book The Art of Margins has been translated into English, French, and Korean, etc. In recent years, Lee, who has been consistently showing his work in Japan and abroad for over 50 years, has become increasingly active in other countries, holding solo exhibitions at the Guggenheim (New York, USA, 2011), Palace of Versailles (Versailles, France, 2014) and Centre Pompidou-Metz (Metz, France, 2019). Meanwhile in Japan, the Lee Ufan Museum, designed by the architect Ando Tadao, opened on the island of Naoshima in Kagawa Prefecture in 2010. This will be Lee’s first large-scale solo exhibition since Lee Ufan: The Art of Margins, which was held at the Yokohama Museum of Art in 2005.
李禹煥
Lee Ufan at the Alyscamps, Arles, France, 2021
© StudioLeeUfan, photo: Claire Dorn
TOKYO
Date

2022.8.10 Wed. – 11.7 Mon.

Closed: Tuesdays

Opening hours

10:00 - 18:00

*10:00-20:00 on Fridays and Saturdays
*Last admission 30 minutes before closing

Venue

The National Art Center, Tokyo
Special Exhibition Gallery 1E

7-22-2 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 106-8558

Access
  • Tokyo Metro Chiyoda Line, Nogizaka Station (C05), direct access from Exit 6
  • Tokyo Metro Hibiya Line, Roppongi Station (H04), approximately 5-minute walk from Exit 4a
  • Toei Oedo Subway Line, Roppongi Station (E23), approximately 4-minute walk from Exit 7

*No parking

Organized by

The National Art Center, Tokyo;
The Asahi Shimbun;
Japan Arts Council;
Agency for Cultural Affairs

With the cooperation of

SCAI THE BATHHOUSE

Inquiries

(+81) 47-316-2772(Hello Dial)

Japan Cultural Expo

FY 2022 Japan Cultural Expo Project

HYOGO
Date

2022.12.13 Tue. – 2023.2.12 Sun.

Venue

The Hyogo Prefectural Museum of Art

TICKETS

TOKYO
Admission(tax included)

1,700 yen (Adults)
1,200 yen (College students)
800 yen (High school students)

  • Visitors who are junior high school students or younger will be admitted for free.
  • Disabled persons (along with the one assistant) will be admitted for free upon presenting the Disabled Person’s Booklet or an equivalent form of government-issued ID.
  • Free entrance to the exhibition for high school students from October 8 (Sat.) to October 10 (Mon.), 2022, upon presenting student ID.
  • Tickets are available through the National Art Center, Tokyo (on sale from August 10, open days only), ONLINE TICKET (on sale from 10:00 on July 27) , Ticket PIA (on sale from 10:00 on July 27).
  • It has been decided that Group Tickets will not be sold for this exhibition.
  • Reduction (100 yen off) applies to visitors who present the ticket stub of a current exhibition at The National Art Center, Tokyo; Suntory Museum of Art; or Mori Art Museum (Art Triangle Roppongi). Please show the ticket stub at the "Lee Ufan, 15th Anniversary of the National Art Center, Tokyo" exhibition ticket booth.
  • Students, faculty and staff of “Campus Members”, can view this exhibition for 1,000 yen (students) and 1,500 yen (faculty/staff). Please purchase tickets at the "Lee Ufan, 15th Anniversary of the National Art Center, Tokyo" exhibition ticket booth.
Online Ticket
HYOGO

Coming Soon

JAPANESE

朝日新聞社催事サイト利用規約

「朝日新聞社催事サイト利用規約」(以下「本規約」といいます)は、株式会社朝日新聞社及び催事の共同主催者(以下、総称して「当社」といいます)が主催する展覧会等の催事のウェブサイト(以下、総称して「本サイト」といいます)の利用規約です。本サイトの閲覧・利用を行う利用者は、本規約及び本規約下の「アクセスデータの利用について」「推奨環境・プラグイン・リンク等について」の内容に同意の上、ご利用いただくものとします。

第1条(適用)
本規約が適用される「利用者」には、本サイトを利用する方全てが含まれます。

第2条(外部コンテンツ)
当社以外の事業者が管理運営するリンク先のホームページ等で利用可能となっているコンテンツ及び当社以外の事業者が管理運営するソーシャルネットワーキングサービス(Facebook、Twitter等)の機能または動画埋め込み機能を使って本サイト内に表示するコンテンツ、本サイト外から引用、転載され本サイト内に表示されるコンテンツ(以下、総称して「外部コンテンツ」といいます)並びに外部コンテンツにおける広告、商品、サービスなどについて当社は責任を負いかねますので、利用者の判断及び責任においてご利用ください。

第3条(利用者の責任・費用)
1.利用者は、自己の責任で本サイトを利用するものとし、本サイトを利用した結果、損害や不利益を被ったとしても、利用者自身が責任を負うものとします。ただし、当社の責に帰する場合はこの限りではありません。
2.本サイトの利用のために必要な通信料や、コンピューター・通信機器等に関する費用は、利用者の負担とします。

第4条(著作権)
本サイト及び本サイト内の全てのコンテンツに関する著作権その他の権利は、当社及び正当な著作権者に帰属します。利用者は、本サイトの内容について、当社の事前の書面による許可なく転載、複製、転用、転送、販売等の二次利用を行うことはできません。

第5条(免責事項)
1.当社は、本サイトの内容及び機能について、いかなる保証(その完全性、正確性、確実性、有用性、安全性、正常動作性、機能性を含みますが、これに限りません)も行いません。また、当社は、本サイトの内容及び機能を、編集、管理、削除等し、またはこれに必要な技術的な手段を利用者に提供する義務を負わないものとします。
2.利用者は、以下の事項を了承の上、本サイトを利用するものとします。
(1)本サイトの変更、中断、遅延、停止、終了または不具合が生じる場合があること
(2)第三者または他の利用者とのトラブルが生じた場合に、利用者の責任で対応すること
(3)本サイトを通じて第三者から取得した情報等もしくは第三者との取引等により生じたトラブルは利用者の責任で対応すること
(4)上記各号について、当社がその責を免れること
(5)本サイトに起因して発生した一切の損害((1)~(3)に関連して生じた損害を含みますがこれに限りません)について当社が責任を負わないこと(ただし、当社の責に帰する場合はこの限りではありません)

第6条(禁止事項)
利用者は、本サイトに関して、以下の行為を行わないものとします。
(1)本サイトのコンテンツ等一切を第三者へ提供・再配信する行為
(2)本サイトの正規機能によるものを除き、本サイトのコンテンツ等の複製(閲覧の際に端末上に一時的に発生する電子的蓄積は除く)、編集、加工、翻訳、翻案、出版、転載、頒布、放送、口述、展示、販売、公衆送信(送信可能化、インターネット上のウェブサイトやイントラネット等への掲載を含む)及び改変をするなど、当社及び第三者の権利を侵害する一切の行為、あるいはこれらを行ったコンテンツ等一切を第三者へ提供・再配信する行為
(3)本サイトを、営利を目的として利用する行為、またはその準備を目的とした行為
(4)データマイニング、ロボット等によるデータ収集・抽出ツールを使用する行為
(5)本サイトの全部もしくは一部のリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルする等の行為
(6)第三者または当社の財産、名誉・信用・肖像・プライバシー・パブリシティーに係る権利、著作権・特許権・商標権等の知的財産権その他の権利を侵害する行為、または侵害を助長する行為
(7)上記各号に定めるほか、法令に違反する行為またはそれを助長するおそれがある行為
(8)本サイトの運営または他の利用者による本サイトの利用を妨害する行為
(9)その他、当社が合理的な理由に基づき不適当と判断する行為

第7条(規約・サービスの変更等)
1.当社は、利用者の事前の同意を得ることなく、予告なしにいつでも本規約を変更できるものとします。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本サイト上に表示された時点から効力を生じます。
2.本規約のいずれかの規定が法令に違反していると判断された場合や無効または実施できないと判断された場合も、当該規定以外の各規定は、いずれも引き続き有効とします。
3.当社は、利用者の事前の同意を得ることなく、予告なしにいつでも本サイトの全部または一部を変更し、本サイトの提供を中断または終了できるものとします。

第8条(準拠法、裁判管轄)
1.本規約は日本国法に準拠し、日本の法令に従って解釈されるものとします。
2.利用者と当社の間で本規約及び本サイトに関する紛争が生じた場合、両者で誠意をもって協議をするものとしますが、それでも解決しない場合、東京簡易裁判所または東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2021年10月1日 施行

本サイトは、株式会社朝日新聞社が主催する「国立新美術館開館15周年記念『李禹煥』」の公式ホームページです。
本サイトの閲覧・利用を行う利用者は、以下の「推奨環境・プラグイン・リンク等について」「アクセスデータの利用について」及び朝日新聞社催事サイト利用規約の内容に同意の上、ご利用いただくものとします。


推奨環境・プラグイン・リンク等について

推奨環境について

本サイトを快適にご覧いただくために、最新のブラウザーのご利用をおすすめします。制作にあたっては、下記のブラウザーの動作確認を行っています。
・Windows(10以上): FireFox、Google Chrome、Microsoft Edge
・Mac: Safari

スマートフォンおよびタブレット向けに表示を最適化しているページにつきましては、下記の環境で動作確認を行っております。
・Android端末: Android6.0以上のスマートフォン標準搭載のブラウザー
・iOS端末: iOS11.x 以上のスマートフォン標準搭載のブラウザー
・iPadOS端末:iPadOS13.x以上のタブレット搭載のブラウザー

プラグインについて

本サイトには、動画・アニメーション・PDFなどを使用したコンテンツがあります。これらのコンテンツは、以下のプラグインソフトをインストールすることでご利用いただけます。プラグインソフトをお持ちでない方は、以下の各サイトからダウンロードできます。
・Adobe Acrobat Reader DC
PDFファイルを表示するソフトです。
ダウンロードはこちらから

JavaScriptとCookie

本サイトでは、JavaScriptとCookieを使用しています。お使いのブラウザーでJavascript及びCookieの設定を無効にされている場合、正しく機能しない、もしくは正しく表示されない場合がございます。全てのコンテンツをご利用いただくには、ブラウザー設定で有効にしていただくことをお奨めいたします。

リンク

本サイトへのリンクは、営利を目的とせず、フレームなしで行うなど一定の条件を満たしている限り、原則として自由です。本サイトの趣旨に合わない場合や、朝日新聞社及び共同主催者の催事運営その他事業等を害する恐れがある場合は、リンク自体をお断りすることがあります。なお、編集・更新の都合により、サイト内の各ページは予告なく変更・削除されることがあります。また、アクセス認証を求められる場合があります。リンクを設定いただいても、短期間でリンク切れとなる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。


アクセスデータの利用について

本サイトでは、株式会社朝日新聞社及び共同主催者が、Cookieを使用して利用者の端末情報(IPアドレス、オペレーティングシステムやブラウザーの種類等)及び利用者の行動履歴(アクセスした時刻、URL、訪問回数等)等を取得し、以下のような目的に利用しています。
(1)サービス改善のための分析
(2)利用者に最適と推定されるコンテンツの配信
(3)行動ターゲティング広告等の広告配信

アクセスデータの取得・利用に使用しているツールは下記の通りです。

・Google Analytics
「Google Analytics」は、Google社が提供するウェブ解析ツールで、Cookie、ウェブビーコン、またはそれらに類似するテクノロジーによって利用者情報を収集しています。Google Analyticsについては、https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/ (※外部サイト)をご覧ください。
なお、Google Analyticsによる利用者情報の収集を希望されない場合は、Google社が提供する「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」を使用中のブラウザーにインストールすることで、無効にすることができます。Googleアナリティクスを無効にするにはhttps://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja(※外部サイト)をご覧ください。